STED 用蛍光標識

 

 

 

 

   STED 顕微鏡用の有機色素

  

  STED 顕微鏡用の有機色素

   Abberior Instruments Expert Line および STEDYCON で使用する推奨色素

パルス STED 775 nm 595 nm
励起波長 640 nm 594/561 nm 485 nm 450 nm
ナノスコープ Expert Line / STEDYCON Expert Line / STEDYCON Expert Line Expert Line / STEDYCON
常時推奨 Abberior STAR RED Abberior STAR 635P Abberior STAR 635 Alexa 594 Oregon Green 488 Oregon Green 488
サンプルに依存 推奨 Atto 647N
Atto 633
Alexa 637
Cy5
Abberior STAR 580
Atto 594
Atto 530
Cy3
Abberior STAR 488
Alexa 488
Atto 488
FITC
Abberior STAR 488
Abberior STAR 470XP
Alexa 488
Atto 488
FITC

  *  450nm 励起の STEDYCON は、コンフォーカルイメージングのみ

  ライブセル STED 顕微鏡用の有機色素

   Abberior Instruments Expert Line および STEDYCON で使用する推奨色素

パルス STED 775 nm 595 nm
励起波長 640 nm 594/561 nm 485 nm 450 nm
ナノスコープ Expert Line / STEDYCON Expert Line / STEDYCON Expert Line Expert Line / STEDYCON
常時推奨 SiR Abberior LIVE 580 Abberior LIVE 510
Abberior LIVE 515
Abberior LIVE 510
Abberior LIVE 515

  *  450nm 励起の STEDYCON は、コンフォーカルイメージングのみ

  ライブセル STED 顕微鏡用の蛍光タンパク質

  Abberior Instruments Expert Line および STEDYCON で使用する推奨蛍光タンパク質

   

      

  Abberior 標識の概要

   

  STED 755 nm および STED 595 nm 用 Abberior 蛍光標識を以下のタブで紹介します。

 

Abberior LIVE 580
Abberior LIVE 580 は、Abberior 社によって開発された新しいクラスのライブセル色素のメンバーです。 この染料シリーズの顕著な特徴は、細胞膜透過性であり、ライブセル実験を可能にします。 Abberior LIVE 580 は、580 ~ 620 nm の間で励起することができます。 さらに、染料は、高い光安定性をもち、750 〜 780 nm の STED 波長で優れた STED イメージング結果を提供します。
Absorption & Fluorescence Spectrum

> Download spectral data (CSV format)

Abberior STAR 520SXP
Abberior STAR 520SXP は、Abberior 社の最初に市販されているリン酸化蛍光色素の独占的に売り出した全く新しいクラスの色素の最初のメンバーです。 それらは、STED アプリケーションに非常に適していることが分かります。 STAR 520SXP は、STED 顕微鏡用の長いストークスシフト色素の最新の開発品です。 色素は、500 nm から 530 nm まで励起することができます。 Abberior STAR 520SXP は、Dyomics 520 / Dyomics521 のような色素を代替することができます。
Absorption & Fluorescence Spectrum

Download spectral data (CSV format)

Abberior STAR 580

Abberior STAR 580 は、オレンジ色の領域に蛍光色素をもつ STED 顕微鏡の最新の開発品です。 550 ~ 590 nm でこれを励起できます。 Abberior STAR 580 は、ATTO® 590 / 594 や AlexaFluor® 584 / 594 のような染料と置き換えることができます。 この色素は、700 〜 775 nm の STED 顕微鏡でもっとも効果的にデイプリーションできます。

Abberior STAR 580 は、オレンジ色蛍光用に選択される染料です。 さらに、この色素は、2つの別々の STED 波長を使用する Abberior STAR 635 と組み合わせて、2 色 STED 顕微鏡用に特に設計され、テストされています。
Absorption & Fluorescence Spectrum

> Download spectral data (CSV format) 

Abberior STAR 600
Abberior STAR 600 は、STED 顕微鏡と 775 nm STED デイプリーションレーザーの最新の開発品です。 この色素は、STAR 635P か、または STAR 635 と組み合わせた第 2 の色素として非常に適しています。
Absorption & Fluorescence Spectrum

> Download spectral data (CSV format)

Abberior STAR 635

Abberior STAR 635 は、赤色スペクトル領域での STED イメージングの最新の色素開発品です。 これは、優れた明るさと超低いバックグラウンドの特徴を備え、素晴らしい STED 画像を提供します。 この色素は、Abberior Instruments 社の STED 顕微鏡と Leica STED 顕微鏡で非常によく機能します。

Abberior STAR 635 は、ATTO® 647N、AlexaFluor® 647 か、または Cy5® を代用することができます。 これは、ダイオードレーザ(635 nm、650 nm)か、またはクリプトンレーザの 647 nm ラインで励起することができます。 STED の場合、約 750 〜 780 nm のデイプリーション波長が推奨されます。
Absorption & Fluorescence Spectrum

> Download spectral data (CSV format)

Abberior STAR 635P
Abberior STAR 635P は、Abberior 社の最初に市販されているリン酸化蛍光色素の独占的に売り出した全く新しいクラスの色素の最初のメンバーです。 この色素は、その光物理学的パラメータ、例えば、 非常に明るく、非常に安定性に優れています、そして、基本的にバックグラウンドフリーイメージングを可能にします。 この色素は、Abberior Instruments 社の STED 顕微鏡と Leica STED 顕微鏡で非常によく機能します。
Abberior STAR 635P は、ATTO® 647N、AlexaFluor® 647 か、または Cy5® を代替することができます。 これは、ダイオードレーザ(635 nm、650 nm)か、またはクリプトンレーザの 647 nm ラインで励起することができます。 STED の場合、750 nm 〜 780 nm のデイプリーション波長が推奨されます。
Abberior STAR 635P は、特に、Leica TCS STED システムに良く機能して、比類のない品質、例えば、非常にバックグラウンドの低い/なしの高解像度 STED 画像を提供します。 この色素は、複数の 2-color STED パッケージの理想的なパートナーとして機能します。
Absorption & Fluorescence Spectrum

> Download spectral data (CSV format)

Abberior STAR RED

Abberior STAR RED は、文献で KK114 として既に良く知られています(科学ウェブ検索では、60 以上の出版物が示されています)。 最小限のバックグラウンドシグナルは、無視できる非特異的結合によるものであることに注意してください。 色素の重要な特徴は、〜 3.5 ns の比較的に長い寿命です。 この色素は、Abberior Instruments 社の STED 顕微鏡と Leica STED 顕微鏡で非常によく機能します。

Abberior STAR RED は、ATTO® 647N、AlexaFluor® 647 か、または Cy5® を代替することができます。 これは、ダイオードレーザ(635 nm、650 nm)か、またはクリプトンレーザの 647 nm ラインで励起することができます。 STED の場合、750 nm 〜 780 nm のデイプリーション波長が推奨されます。
Absorption & Fluorescence Spectrum

> Download spectral data (CSV format)

2 色 - STED 顕微鏡用蛍光標識
2C-Pack STED 775 IR -R-

このパッケージには、Abberior STAR 580 と Abberior STAR 635P か、または Abberior STAR 600 と Abberior STAR 635P が含まれています、そして、これらは、2 色 STED 色素対として使用されることが立証されています。 大きな利点は、2つの標準および非常に光安定性のある色素を使用することであり、長いストークスシフト色素が必要ではありません。 Abberior STAR 635P は、赤外スペクトル領域(励起 620 〜 650 nm / STED 750 〜 780 nm)の STED 顕微鏡用に私たちが最もよく使用する色素です。 Abberior STAR 580(励起 550 〜 590 nm)および Abberior STAR 600(励起 590 〜 610 nm)は、750 nm 〜 775 nm の 1つのレーザー波長で 2 色 STED を可能にします。 色素対は、Abberior Instruments 社の 2C STED 775 QUAD スキャン顕微鏡でテストされ、確認されています。

2C-Pack STED 775 IR -LS-
パッケージには、Abberior STAR 470SXP と Abberior STAR 635P か、または Abberior STAR 520SXPと Abberior STAR 635P の 2つのリン酸化色素が含まれています、そして、これらは、2 色 STED 色素対として使用されることが立証されています。 Abberior STAR 635P は、赤外スペクトル領域(励起 620 〜 650 nm / STED 750 〜 780 nm)の STED 顕微鏡用の主力色素です。 Abberior STAR 470SXP(励起 450 〜 490  nm)および Abberior STAR 520SXP(励起 500 〜 540 nm)は、750nm 〜 775 nm の 1 つの STED レーザーを用いた 2 色 STED の長いストークスシフトのパートナーです。 この色素対は、Abberior 2C STED 775 顕微鏡ならびに Leica STED SP5 システムでテストされ、確認されています。

 

 

 

 

 

 

 

Abberior LIVE 510
Abberior LIVE 510 は、Abberior によって開発された新しいクラスのライブセル色素のメンバーです。 この色素シリーズの顕著な特徴は、細胞膜透過性であり、ライブセル実験を可能にします。 Abberior LIVE510 は、480 nm と 520 nm との間で励起することができます。 さらに、この色素は、光安定性が高く、580 〜 600 nm の STED 波長で優れた STED イメージング結果を提供します。
Absorption & Fluorescence Spectrum

> Download spectral data (CSV format)

Abberior LIVE 515
Abberior LIVE 515 は、Abberior によって開発された新しいクラスのライブセル色素のメンバーです。 この色素シリーズの顕著な特徴は、細胞膜透過性であり、ライブセル実験を可能にします。 Abberior LIVE 515 は、500 nm と 530 nm の間で励起することができます。 さらに、色素は、光安定性が高く、590 〜 610 nm の STED 波長で優れた STED イメージング結果を提供します。
Absorption & Fluorescence Spectrum

> Download spectral data (CSV format)

Abberior STAR 440SXP
Abberior STAR 440SXP は、約 80 nm のストークスシフトのある色素です。 それは、400 〜 470 nm の間で励起され、約 510 nm で蛍光を放出します。 STED の場合に、約 590 nm のデプレション波長が推奨されます。 したがって、2 色(STED)イメージングに良く適しており、Leica TCS STED CW か、または TCS SP8 STED 顕微鏡用に Leica Microsystems からも推奨されています。 ATTO® 425 や BD Horizon® V500 のような色素に代替できます。
タンパク質と結合した後に、量子収量は、非常に高いままです。 Abberior STAR 440SXP の親水性は、この色素の非特異的結合を防ぎ、したがって、望ましくないバックグラウンド蛍光を減少します。 大きなストークスシフトのために、Abberior STAR 440SXP は、単一の STED レーザー、例えば、Abberior Instruments 社の 2-color 595 nm STED 顕微鏡および Leica TCS STED CW 顕微鏡で実行する 590 nm(cw)を用いた 2 色 STED イメージングに使用することができます。
Absorption & Fluorescence Spectrum

> Download spectral data (CSV format)

Abberior STAR 470SXP

Abberior STAR470SXP は、Abberior よって独占的に導入されたまったく新しいクラスの色素のメンバーです ー 最初に市販するリン酸化蛍光色素。 それらは、STED アプリケーションに非常に適していることが分かります。 STAR470SXP は、STED 顕微鏡用の長いストークスシフト色素の最新の開発品です。 色素は、450 nm 〜 480 nm で励起することができます。

Abberior STAR470SXP は、Chromeo® 494 のような色素を代替できます。
Absorption & Fluorescence Spectrum

> Download spectral data (CSV format) 

Abberior STAR 488

Abberior STAR 488 は、STED 顕微鏡用の最新の開発品です。 これは、非常に明るい緑色の蛍光色素で、顕著な 488 nm のレーザーラインで非常に効果的に励起することができます。 Abberior STAR 488 は、Oregon Green® 488、ATTO® 488、Alexa Fluor® 488 のような色素を代替することができます。
STED: 585 〜 605 nm の STED 顕微鏡で色素を最も効果的にデプリートできます。

Abberior STAR 488 は、488 nm での励起用に最適な色素です。 さらに、色素は、590 nm レーザーを使用する当社の STAR 440SXP 色素と組み合わせて、2 色 STED 顕微鏡用に特に、設計され、テストされています。 この色素は、Abberior Instruments 社の 595 nm STED 顕微鏡と Leica 2 色 TCS STED CW 顕微鏡で非常によく機能します。
Absorption & Fluorescence Spectrum

> Download spectral data (CSV format) 

Abberior STAR 512

Abberior STAR 512 は、488 nm か、または 514 nm のアルゴンイオンレーザーで便利に励起できる高性能蛍光色素です。 STED の場合に、約 600 nm のデプレッション波長を推奨します。 色素は、Alexa Fluor® 514 や ATTO® 514 などの色素の代替として使用できます。
Abberior STAR 512 は、光安定性が高く、明るいです。 それは、非特異的結合を除き、望ましくないバックグラウンド蛍光を減少する水か、または水溶性の緩衝液に良好に溶けます。

Abberior STAR 512 の分光特性およびいくつかの応用分野は、STED イメージングおよび FCS 実験に関して報告されています。 さらに、Abberior STAR 512 は、FRET 実験に使用される「ドナー - アクセプター」色素対における「ドナー」として十分に機能します。
Absorption & Fluorescence Spectrum

> Download spectral data (CSV format)

2 色 - STED 顕微鏡用蛍光標識
2C-Pack STED 595 VIS
このパッケージには、Abberior STAR 440SXP と Abberior STAR 488 が含まれており、2 色 STED 色素対として使用されることが立証されています。 Abberior STAR 440SXP は、〜 590 nm の 1つのレーザー波長で 2 色 STED を可能にする最適な長いストークスパートナーです。 この色素対は、595 nm の STED パルスレーザーを作動する Abberior Instruments 社の 2 色 STED 595 顕微鏡ならびに 590 nm で 1 つの STED CW レーザーを作動する Leica STED CW(および特に、新しいゲートバージョン)システムでテストされ、確認されています。