レーザーマイクロダイセクション

 

 

レーザーマイクロダイセクション
LMD6/7

レーザーマイクロダイセクション

重力によるサンプル回収 –コンタミネーションフリーの非接触回収法。
レーザーマイクロダイセクション (LMD) は、組織中の関心領域のみを回収するための理想的な装置です。 LMD により、研究者は混ざり合った組織標本の中から均質な細胞群、または単一細胞のみを回収し、疾患や生命現象を解明するための分析を可能にします。 最新の高出力ダイオードレーザーは、切片切除から回収までトップクラスのスピードとシャープな切れ味でのダイセクションを可能にします。 切片は、直接試薬中に落下回収されるので、コンタミネーションフリーで高品質の回収が可能です。 3枚のスライドを装着可能なステージにより、スループットが向上し、作業時間が短縮されます。 また、マイクロダイセクション専用に開発された対物レンズは、ダイセクションの精度と効率を画期的に高めることが可能です。

LMD ソフトウェア

レーザーマイクロダイセクション (LMD) ソフトウェア

・試料オーバービューで、全体をより良く把握。

・レーザービームの誘導は、マウスまたはタッチスクリーンで可能。

・レーザーと顕微鏡を操作可能。

・タイムラプスビデオの記録可能。

・データベース、標識された細胞の自動認識(AVC、パターン認識)のほか、有用な機能をいくつか加えたアドオンパッケージ。

Smart Cut シリーズ

マイクロダイセクション専用対物レンズ

UV 波長領域の透過率が高く、結像性能に優れた新開発専用対物レンズ、Smart Cut は、マイクロダイセクションの作業品質と効率を飛躍的に高めました。 5 X ~ 150 X までの幅広いラインアップで多様な研究に対応します。

アプリケーション

アプリケーションノート