デジタルカメラ

 

 

モノクロデジタルカメラ

浜松ホトニクス株式会社

C11440-36U

230 万画素の CMOS センサを採用した USB 3.0 インターフェースの 12bit 出力の高解像度・高感度デジタル CMOS カメラです。 6.6 electrons の低読み出しノイズを実現し、暗い対象物でも S/N の良い撮影が可能です。 また、グローバルシャッタの採用と 65 フレーム/秒の高速読み出しにより、移動物体の撮影にも適しています。

冷却モノクロデジタルカメラ
ライカマイクロシステムズ株式会社
DFC 3000G DFC 3000G ルーチンでの蛍光アプリケーションに最適な USB3.0 モノクロカメラです。 パッシブ冷却構造および高感度、高画質の CCD センサーにより、卓越した画質の蛍光画像を得られます。 フルフレームで最大 30 フレーム/秒のライブイメージ表示が可能です。
DFC 9000

DFC 9000 モノクロ顕微鏡カメラは、最新の科学研究用 CMOS (sCMOS) 技術を採用しており、自然な状態に近い環境で蛍光イメージングを可能にするものです。 USB 3.0 インターフェイスで 420 万画素で 50 フレーム/秒取得が可能です。 また Camera Link インターフェイスでは、420 万画素で 90 フレーム/秒で画像を取得できます。

・優れたSN比で細胞を良好に保ちます。
・高速取得で速い動きを捉えます。
・広視野を取得できるので多くの情報が得られます。

浜松ホトニクス株式会社

C11440-42U30

(ORCA-Flash4.0 LT PLUS)

確立された性能と手ごろな価格で、新たに設計された ORCA-Flash4.0 LT PLUS は、82 % ピーク量子効率を特長とし、シンプルな接続性、適度な高速フレームレート、優れた感度を必要とするあらゆる実験に適しています。 ORCA-Flash4.0 LT PLUS は、sCMOS テクノロジーの広い視野、低照度光感度、大ダイナミックレンジのすべての利点をすべての研究室にもたらすように設計されています。

C11440-42U

(ORCA-Flash4.0 LT)

低ノイズ、高量子効率など、インターライン CCD を圧倒する高感度カメラとしてのパフォーマンスはそのままに、マルチチャネルイメージングに必要な「W-VIEWモード」機能や「マルチチャネル同期出力」を標準装備した科学計測用のデジタル CMOS カメラです。

C13440-20CU

(ORCA-Flash4.0 V3)

デジタル CMOS カメラ ORCA-Flash4.0 シリーズがさらに進化しました。回路技術を結集し、新たなグレードへの一歩を踏み出す ORCA-Flash4.0 V3 を開発。 すべてのサイエンティストの研究を強力にサポートします。
  Andor 社

Neo 5.5 sCMOS

対角 21.8 mm のイメージエリアを持つ 550 万画素で、- 30 ℃(空冷)に冷却して、フルフレームで、98 フレーム/秒(ローリングシャッター時)、48 フレーム/秒(グローバルシャッター時)の高速読み出しが可能です。 低ノイズ・高量子効率など、蛍光観察においては EM-CCD カメラを凌駕するパフォーマンスを発揮し、微弱な蛍光から幅広い領域の蛍光観察に対応します。(ダイナミックレンジ: 30,000:1)。

Zyla 5.5 sCMOS 対角 21.8 mm のイメージエリアを持つ 550 万画素で、0 ℃ に冷却して、Camera Link 10 - tap インターフェース使用時には、フルフレームで、100 フレーム/秒(ローリングシャッター時)、50 フレーム/秒(グローバルシャッター時)または、Camera Link 3 - tap インターフェース使用時に 30 フレーム/秒(ローリングシャッター時)、30 フレーム/秒(グローバルシャッター時)の高速読み出しが可能です。 低ノイズ・高量子効率など、蛍光観察においては EM-CCD カメラを凌駕するパフォーマンスを発揮し、微弱な蛍光から幅広い領域の蛍光観察に対応します。(ダイナミックレンジ: 25,000:1)。
Zyla 4.2 Plus sCMOS 最新の sCMOS センサ技術を利用して QE をさらに 10 % 向上させ、前例のない 82 % の QE max を実現します。 さらなる革新により、業界最速の USB 3.0 フレームレートと業界最高の応答リニアリティ 99.8 %(低照度範囲で > 99.9 %)を実現し、フルダイナミックレンジで比類のない定量精度を実現しました。 Zyla 4.2 PLUS は、超解像顕微鏡、イオンシグナル顕微鏡、LightSheet 顕微鏡、ラインスキャン共焦点顕微鏡、TIRF 顕微鏡などのアプリケーションに最適です。
 

QImaging 社

Retiga R1

1360 x 1024 画素 CCD を装備し、-15℃ まで冷却可能な USB 3.0 インターフェースの 14bit 出力の冷却モノクロデジタルカメラです。 フルフレームでフレームレートは、25 fps です。

Retiga R3 1920 x 1460 画素 CCD を装備し、-12℃ まで冷却可能な USB 3.0 インターフェースの 14bit 出力の冷却モノクロデジタルカメラです。 フルフレームでフレームレートは、14.4 fps です。
Retiga R6 対角 16 mm の 2688 x 2200 画素 CCD を装備し、-12℃ まで冷却可能な USB 3.0 インターフェースの 14bit 出力の冷却モノクロデジタルカメラです。 フルフレームでフレームレートは、7.1 fps です。
Retiga ELECTRO 1360 x 1024 画素 CCD を装備し、5℃ まで冷却可能な USB 3.0 インターフェースの 14bit 出力の冷却モノクロデジタルカメラです。 フルフレームでフレームレートは、22 fps です。
Retiga-LUMO

対角 16 mm の 2688 x 2200 画素 CCD を装備し、-20℃ まで冷却可能な USB 3.0 インターフェースの 16bit 出力の冷却モノクロデジタルカメラです。 フルフレームでフレームレートは、7.1 fps です。

OptiMOS 対角 14.32 mm のイメージエリアを持つ 210 万画素で、0 ℃に冷却して、フルフレームで、100 フレーム/秒 の高速読み出しが可能です。 高速 LVDS PCIe カードを使用する 16bit 出力の冷却モノクロデジタルカメラです。
紫外用デジタルカメラ

浜松ホトニクス株式会社

C8000-30 BT-CCD(背面照射型CCD)を採用することで、紫外域から可視・近赤外域に至る幅広い波長域にわたり高い量子効率(光電変換効率)を実現した CCD カメラです。
近赤外・赤外カメラ

浜松ホトニクス株式会社

C3077-80 近赤外領域に高い感度を持つアナログ CCD カメラです。 当社 CCD 素子を採用し、近赤外の波長領域に高い感度を有しています。 当社の従来の近赤外用 CCD カメラと寸法、出力仕様はそのままに、感度を向上させています。
C12741-03 InGaAs カメラで、950 nm ~ 1700 nm の近赤外領域で高い感度を有したカメラです。 アナログ出力(EIA)および 14 bit の画像取得や露光時間の調整が可能な USB 3.0 インターフェースを装備しています。
C12741-11 640 × 512 画素の InGaAs センサを搭載した 950 nm ~ 1700 nm の近赤外領域で高い感度を有した近赤外カメラです。 素子をペルチェ冷却(-70 ℃まで)することにより暗電流を抑え、画質を向上させるとともに、長時間露光を可能としています。
C14041-10U 950 nm〜1700 nm の近赤外領域で高い感度を有したカメラです。 14 bit の画像取得や露光時間の調整が可能な USB 3.0 インターフェースを装備しています。

 

 

 

 

 

カラーデジタルカメラ
ライカマイクロシステムズ株式会社
EC 4 3.3 メガピクセル CMOS のデジタル HD カラーカメラです。 24 fps のリアルタイムイメージングは、簡単な焦点合わせ、ズーム、および標本設定を可能にします。  自動コントロールは、露光時間、ガンマ、サチュレーション、およびシェーディングのパラメータを設定するのを助けます。
プレゼンテーション、またはレポートを作成するためにテキストやスケールバーなどの注釈を加えることができます。 C マウントポートのあるすべての顕微鏡と USB 2.0 ポートのあるすべてのコンピュータに簡単に接続できます。
MC170 HD フルハイビジョンライブ映像を最高 30 fps、高画質 500 万画素で提供します。 パソコン不要のスタンドアロン、あるいは USB 経由でパソコンを使用して操作することが可能です。
MC190 HD

サンプルのフルカラー画像とフル HD 動画を生成できます。

・ 1,000 万画素の CMOS センサーを使って、迅速・効率的に作業が行えます。
・ 最大 30 フレーム/秒の処理速度でのリアルタイムイメージングが可能です。
・ データ転送が簡単。 抜き差し可能な SD カードにフル HD 動画を直接記録します。

DMC 2900 USB 3.0 インターフェースのデジタル顕微鏡カメラで、310 万画素の CMOS センサーを搭載。 最大 30 フレーム/秒の高速ライブ表示と撮影ができます。 タイリングや Z スタックなど大量、高速に画像取得するアプリケーションでも、ストレスなく、高解像な画像取得ができます。
DMC 4500 ・ USB 3.0 ポート付きの任意のデスクトップまたはノート型コンピュータと組み合わせて、プラグ&プレイで使用可能。
・ 実績ある 500 万画素 CCD センサーを備え、迅速かつ効率的な作業が可能。
・ ライブ画像を最高秒間 18 フレームの速度で捉えることができ、サンプルの観察位置と焦点調節をコンピュータのモニター画面上で直接実行可能。
・ 1280 × 960 画素の SXGA 解像度でライブ画像をプレビュー。
冷却カラーデジタルカメラ
ライカマイクロシステムズ株式会社
DFC 7000T

明視野と蛍光の両方のイメージングにきわめて最適です。 従来のこのクラスの CCD カメラでは不可能だった画質により、一つのパラダイムシフトを生み出しています。 フル解像度(280 万画素)で最大 40 フレーム/秒の卓越した設計により、必要とする解像度と感度が組み合わされ、カメラの交換やポートの切り替え、キャリブレーション設定などを行う必要なく、可能な限り最高の結果を手に入れることができます。

・近赤外領域でもセンサーが非常に高感度なため、DAPI、FITC、さらには Cy5.5 などの蛍光色素の観察が可能。
・高解像度画像を用いて明視野アプリケーションの記録作成が可能。
・忠実なカラー補間に基づく素晴らしい色再現性を実現、また必要に応じて各種照明設定に補正マトリックスを適用可能
・マルチチャネル実験向けに赤、緑、青の画素を個別に読み出すことが可能。
・モノクロでの読み出しに切り替えると、一つひとつの画素についての輝度情報が入手可能。

DFC 450C 高性能な 500 万画素 CCD を搭載したデジタルカメラです。 ペルチェ冷却により、ローライトな状況においてもノイズを抑えることができます。SXGA(1280 x 960 ピクセル) で 18 フレーム/秒の高速ライブ画像表示を可能とし、コンピューター画面上でのフォーカシングを容易にします。
DFC 550 最大 1250 万画素の高解像度・高感度センサーと低ノイズ回路・冷却ファン付で、5 ℃ にペルチェ素子で冷却した DFC シリーズの最上位機種のカラーデジタルカメラです。
 

QImaging 社

Retiga R1 Retiga R1

1360 x 1024 画素 CCD を装備し、-15℃ まで冷却可能な USB 3.0 インターフェースの 14bit 出力の冷却カラーデジタルカメラです。 フルフレームでフレームレートは、25 fps です。

Retiga R3 Retiga R3 1920 x 1460 画素 CCD を装備し、-12℃ まで冷却可能な USB 3.0 インターフェースの 14bit 出力の冷却カラーデジタルカメラです。 フルフレームでフレームレートは、14.4 fps です。
Retiga R6 Retiga R6 対角 16 mm の 2688 x 2200 画素 CCD を装備し、-12℃ まで冷却可能な USB 3.0 インターフェースの 14bit 出力の冷却カラーデジタルカメラです。 フルフレームでフレームレートは、7.1 fps です。
MicroPublisher 6 対角 16 mm の 2688 x 2200 画素 CCD を装備し、-12℃ まで冷却可能な USB 3.0 インターフェースの 14bit 出力の冷却カラーデジタルカメラです。 フルフレームでフレームレートは、7.1 fps です。

 

 

一体型カメラ
IC 90 E

一体型ハイビジョン対応デジタルカラーカメラ

IC90 E デジタルカメラは、ライカ M シリーズ実体顕微鏡向けに開発されたカメラです。 撮影記録用に最適な、ピンシャープで高い色再現性の画像を表示、簡単に撮影できます。

・1,000 万画素の高解像度の CMOS カメラセンサーで、細部までクリアに観察可能。
・ご使用中のライカ実体顕微鏡(平行光学系)に直接接続でき、撮影記録用鏡筒が不要。
・カメラ接続は、USB、ネットワークまたは HDMI から選択可能。

ICC 50W / 50E

一体型 WiFi 対応デジタルカラーカメラ

Wi-Fi機能を搭載し、高精細な画像送信が可能です。 正立顕微鏡用に開発されたこのカメラは、教育・クリニカル用に顕微鏡のスタンドと鏡筒の間にぴったり収まる一体感のあるデザインです。

 

 

 

EM CCD モノクロデジタルカメラ

浜松ホトニクス株式会社

C9100-23B

(ImagEM X2)

フルフレームで約 70 フレーム/秒の高速読み出しが可能になり、より高速に極微弱光領域の現象をとらえます。 また、最大 90 % の高い量子効率と -100 ℃ 冷却による低ノイズを実現。 プログラマブル・トリガ出力などの新しいトリガ機能や IEEE1394b インターフェースを採用し、より使い易くなった次世代の EM-CCD カメラです。

C9100-24B

(ImagEM X2-1K)

1024×1024 画素の高解像度とフルフレームで 18.5 フレーム/秒の読み出し速度を実現しました。 また、最大 90 % の高い量子効率と -80 ℃ 冷却による低ノイズを実現。 プログラマブル・トリガ出力などの新しいトリガ機能やIEEE1394b インターフェースを採用し、より使い易くなった次世代の EM-CCD カメラです。
  Andor 社
iXon Ultra 897 CCD 上で電子増倍機能を有する BT-CCD (背面照射型 CCD) を採用し、読み出しノイズを増やすことなく信号を大幅に増倍することが可能です。 512 × 512 画素(画素サイズ: 16 × 16 μm )で、フルフレームで 56 フレーム/秒の読み出し速度と最大 95 % の高い量子効率、CCD を -100 ℃ に冷却することにより、高い電子増倍率に加え、低ノイズ特性を実現します。
iXon Ultra 888 13.3 x 13.3 mm の CCD 上で電子増倍機能を有する BT-CCD (背面照射型CCD ) を採用し、読み出しノイズを増やすことなく信号を大幅に増倍することが可能です。 1024 × 1024 画素(画素サイズ: 13 × 13 μm )で、フルフレームで 26 フレーム/秒の読み出し速度と最大 95 % の高い量子効率、CCD を -95 ℃ に冷却することにより、高い電子増倍率に加え、低ノイズ特性を実現します。